« 9月12日お月見 | トップページ | 11月1日 ひたすらまったりの日 »

9月28日虫捕り散歩

ぽっぽでは去年はイナゴを捕まえて、つくだ煮にして食べたけど、

今年は放射能が心配なので食べないことにした。

でもバッタやトンボがいっぱいいるので、虫捕りに散歩することにした。

「虫捕りなんてつまんない!」と言うrisakoには、色紙と色鉛筆を持ってお絵かきしに行くことにして、やっと散歩にでかけられた。

子どもたちは虫よりも「草むらに隠れて、後から来る人を驚かす遊びに夢中。

しまいに子ども全員草に隠れていることも。

そのうちSLマンになっているko-tanと、元気いっぱいko-chanがどんどん先に走り出し、

大きなバッタがたくさん飛び交うあぜ道でも脇目もふらず、みんなとの距離は開くばかり。

そんなに走りたいのなら走りましょう!

ずーーっと後ろにいるnatsuさんに「先にプレーパークに戻ります」って言いに行ってから、プレーパークに戻ろう。ヨーイドン!!

ko-chanは「うん、わかった!」と走って引き返し、走ってプレーパークまで戻っていった。タフ!

ko-tanは「エネルギーが切れた」と言って道に寝そべってしまった。

石炭と水をあげる真似をすると、立ち上がって進み、また寝そべる・・・

追いついてきたtsubasaもまねして寝そべり、ガソリンを入れると進んでいた

ko-tanは本当にエネルギーが切れていたらしく、プレーパークに戻ると一人でさっさと早弁していた

たき火小屋で仲良く遊んでいたtsubasaとko-hanは、弁当もたき火小屋で食べることに。

メロンパンを分けてもらったko-chanは「(お礼に)プレゼントをあげる!あればねっ!」と言い、tsubasaも「じゃあおれも!」と楽しそうに会話していた。

risakoとko-tanは囲いの中にゴザを敷いて、おうちを作り「私たち結婚しているの」「これ(手押し車)ぼくんちの車だから!」と教えてくれた。

山では別の子たちがおうちごっこ。

tsumu「俺、お兄ちゃんね」

ao「俺、猫やっていい?」

tsubasa「俺、しゃいん(社員?)ね!」

みんな忙しそうにお料理したり食べたりしていた。

shunta、soutaは役割はしないが、その中に入って見ていたね。

ko-chanが一人で泥沼に浸かって遊んでいるのもそばで見ていて、時々泥だらけのko-chanに追いかけられて、笑いながら逃げてたね。

soutaに誘われて、日当たりのいい斜面に行くと、ko-chanもついてきて、斜面を寝転がって「ごろごろ攻撃!」と言って転がり落ちていた。

虫捕りはついでのような散歩だったけど、それでもバッタ、トンボ、チョウ、テントウムシ、オシロイバナの種・・・道中でもプレーパークでもいろいろとったよ。

お迎えのために母たちが集まり、夕方になってくると、ばらばらで遊んでいた子どもたちが、一か所に集まってまとまって遊んでいる。

ぽっぽではよくある風景。

帰る時間が近づき、もっとみんなと遊んでいたい気持ちがそうさせるのかな。

1人ででも、2人ででも、みんなででも好きなことしてたっぷり遊べるこの子たち、

幸せそうやな

yukko

|

« 9月12日お月見 | トップページ | 11月1日 ひたすらまったりの日 »

ねっこの記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月28日虫捕り散歩:

« 9月12日お月見 | トップページ | 11月1日 ひたすらまったりの日 »