« 冬の遠足~葛西水族館へ~ | トップページ | 4月12日(火)草もちつくり行います♪ »

4月11日午後2時46分、「『ふるさと』のうたを歌おう」

災害に遭われた方には、心よりお見舞い申し上げます。

4月11日午後2時46分、「『ふるさと』のうたを歌おう」

冒険遊び場づくり協会という、全国のプレーパークがつながっている機関があるのですが、そこのメーリングリストで天野さんという日本で初めてプレーリーダーという職業についた業界では?有名な方からの上記呼びかけがありました。

少しのお金や物資の援助以外、何もできない私たちだけど、うたをうたうことなら、今いる場所でできる。

なんの現実的な力にはならないかもしれないけれど、「祈り」を込めてうたうことは、思いを表すことであり、きっと、無駄ではないという気がします。

その時間に、たくさんの人が思いを一つにしていることを歌を介して感じ、つながることで、ちっぽけな私たちの力を、一つにして、大きな力となることを願います。

***以下呼びかけ文***

「ふるさと」 一緒に歌いませんか!
        この歌を、勝手に震災応援歌としました。
        
●とき・・・・・4月11日(月)午後2時46分
●ばしょ・・・そのときにみんながいる、そこが会場
 

 うさぎおいしかのやま こぶなつりしかのかわ
 ゆめはいまもめぐりて わすれがたきふるさと

 いかにいますちちはは つつがなしやともがき
 あめにかぜにつけても おもいいずるふるさと

 こころざしをはたして いつのひにかかえらん
 やまはあおきふるさと みずはきよきふるさと


あっという間に大切な人を、ふるさとを失った無数の人たち。
えぐられるような深い悲しみと、心におさめきれない無力感は
直接被災にあった人はもちろん、日本のすべての人、世界の人も痛いほど感じている。

何かしたい、でも何もできない事へのあせりと苛立ち。
何かしなくちゃ、でも何ができるの?

未曾有の自然災害の後に起こった、空前の人災。
自分の身の安全ばかりに気をとられだしたとき、本当に危険な時を迎える。

だから、気持ちを合わせたい。
心をひとつにしたい。
だから、歌いたい。
みんなで歌いたい。

大切な人を失った人も、守った人も、亡くなった人も、いのちのある人も、
家を流された人も、焼かれた人も、壊された人も、生活の糧を失った人も
出稼ぎに来ている人も、職のない人も、海、山、土につかえる人も、サラリーマンも
子どもも、おじいちゃん、おばあちゃんも、お母さん、お父さんも、若者も
誰もが知っているこの歌を、みんな一緒に歌いませんか。

みんながいるところ、そこが会場です。
仕事中の人は心の中で、デイサービスではなつかしんで、保育園では子守唄として、街のミュージシャンは路上で、病気の人は布団の中で
もちろん自主的に集まる場を決めてくださってもかまいません。
ハミングで、大声で、楽器を持って、口笛で、コップを叩いて、
それぞれの場所で、時を同じくして一緒に歌いませんか。

震災の日からちょうど一ヵ月後
4月11日(月) 午後2時46分
北海道から沖縄まで、すべての人と歌いたい。
失ったふるさとを、私たちは必ず取り戻す。
みんなで心をひとつにして、そう願って。

これを呼びかけるぼくは
4月11日(月)午後2時20分頃から世田谷区立羽根木公園の中央広場に行き、
46分、一分間の黙祷をささげたあと、「ふるさと」を歌います。
この思いを同じくする素敵な仲間達と共に。

羽根木公園は、小田急線梅丘駅から徒歩2分。
日本で初めての常設の冒険遊び場が生まれたところです。
ぼくはそこでたくさんの子どもといっぱい遊びました。
ここが子どものふるさとになってくれたらいいと願って。
ふるさとは、子ども時代の遊びの記憶と共にあるからです。

 やまはあおきふるさと みずはきよきふるさと

気持ちがあればできること。
表すことで、きっと勇気がわいてくる。
そう信じています。


呼びかけ人
「ふるさと」を震災応援歌として一緒に歌いたいという思いに賛同する人有志
代表呼びかけ人:天野秀昭

天野秀昭の自己紹介
冒険遊び場(子どもが「やってみたい」と思うことをできる限り自分の手で実現できることを保障しようと作られた手作りの遊び場。プレーパークともいう)で、
日本で初めて飯を食った人間。全国にこういう遊び場を広げようとしている。
今回の震災でも、子どもが遊びを通して心のケアができるようにと被災地に遊び場を作る計画を練っている。
世田谷区在住。

*****

それから、もう一つ、メジャーではありませんが、こんな歌も紹介されていました。

私の子どもたちへ

       
         

生きている鳥たちが 生きて飛び回る空を

あなたに残しておいてやれるだろうか 父さんは

目を閉じてご覧なさい 山が見えるでしょう

近づいてご覧なさい 辛夷(こぶし)の花があるでしょう

生きている魚たちが 生きて泳ぎ回る川を 

あなたに残しておいてやれるだろうか 父さんは

目を閉じてご覧なさい 野原が見えるでしょう

近づいてご覧なさい 竜胆(りんどう)の花があるでしょう

*****

切なくて涙が出ます。。

ずっと、原発には反対して来たけど、止められなかった。

そしてこんな日が来てしまった。。

子どもたちに、空気も、水も、食べ物も、きれいなまま残してやれない。親として悔しい。

ほんとに悔しい。

特に、福島にお住まいの方は、どんなにか・・・

今、上関祝島で原発に反対している人たちも同じ思いだろうなぁ、六ヶ所なども・・・

私たちにできることを、考えていきたいです。


ai

 

|

« 冬の遠足~葛西水族館へ~ | トップページ | 4月12日(火)草もちつくり行います♪ »

その他のおしらせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4月11日午後2時46分、「『ふるさと』のうたを歌おう」:

« 冬の遠足~葛西水族館へ~ | トップページ | 4月12日(火)草もちつくり行います♪ »