« 2月22日 ぽっぽ味噌 | トップページ | 3月2日 さんぽ「春を探しに」 »

2月23日 2月のお誕生会

春が来ています。

みんなが転がる小さな土手の上には、オオイヌフグリがいっぱい。
ホトケノザも、ちらちらと咲いています。
「このお花を白いところから、ちゅっと吸ってごらん。甘いよ。」
加減が難しい子ども達。
葉っぱごと、ちゅうちゅう吸って「あまい、あまい。」と言っています。
枯れ草の上は、ぽかぽか暖かく、まるでハイジのベットだわ。

今日はお母さんがいないkouちゃん。
母が恋しくてか、春の陽気に誘われてか、一人でお散歩にでかけます。
そして春の景色の中、追いかけていったぽっぽ母さんとのんびり戻ってくるのでした。

ハトが、羽だけ残して食べられた後が残っていました。
子ども達は、興味津々。おおさわぎ。
みんな命を食べて生きてるんだね。

お誕生日のお祝いのお菓子は、マシュマロ焼きとチョコをビスケットではさみました。
豪華ァ。
もちろんマシュマロはたき火で焼いて。
おめでとう。kouちゃん、yuuちゃん、今日は来られなかったけど、kiiちゃん。
みんなの成長は、母達の喜びだ。

uko

223 2232

|

« 2月22日 ぽっぽ味噌 | トップページ | 3月2日 さんぽ「春を探しに」 »

まめっこの記録」カテゴリの記事

コメント

子供達はいつも何か決まった遊びをして居る訳じゃなく散らばっては居るのだけど この日いつも1人で居たkちゃん。
気付くと何かに向かって黙々と歩いて行く。
川沿いを姿が見えなくなるまで進む。
そんなkちゃんを追いかけ、近くで見守り、そして自ら戻りだすまで待ったaiさん。
子供に寄り添うって、こういう事だね…と話して居た。何だか思い出すと泣きそうになるな。
aiさんの後ろをちゃんと付いて歩いて来るkちゃん。目に焼き付いている。

投稿: GREE | 2010年3月13日 (土) 07時45分

GREEさん、コメントありがとう〜
今日の草もち作りでtumuくんも、とげが「痛い」と言って動けなくなってたけど、抱っこで気が済むまで泣いたら、あとは元気になってよかったよね。
「待つ」ことって、親の方が大変で、先生も物理的な問題で出来ないし、むしろ友達の「おばちゃん」くらいが一番やってあげやすいのかも・・・って気もします。それができるのが自主保育のステキなところだよね
kちゃんyちゃんと最後に動物園に行ったのも、いい思い出になったね。

投稿: tiny-tree | 2010年3月30日 (火) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月23日 2月のお誕生会:

« 2月22日 ぽっぽ味噌 | トップページ | 3月2日 さんぽ「春を探しに」 »